FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

敵の英兵422名を救助した日本海軍のお話、知ってます?
敵の英兵422名を救助した日本海軍駆逐艦「いかずち」のお話

天皇皇后両陛下がエリザベス女王の戴冠60周年の昼食会に出席される為、イギリスを訪問されている。
イギリスといえば、以前こんな記事を読んだことを思い出す・・・。
知らなかったこととはいえ、第一次大戦後、連合軍の一部の人たちや、特に中国や朝鮮半島に住む一部の人たちに、国民や家族を守る為出兵した私の父の世代が鬼畜のように愚弄され続け、居た堪らない気持ちで居た時に、敵の英兵422名を救助した旧日本海軍の記事を読んで、ずいぶんと救われたことがあった。

1953年、当時19歳で皇太子だった今の陛下が、昭和天皇の名代として初めて海外訪問されたのが、イギリスだった。
陛下は「私の父である天皇陛下の代わりに、女王陛下の戴冠式に参列できることは、私にとって、最も喜びとするところであります」と英語でスピーチをされた。
当時、イギリス国民の間には、戦争による根強い反日感情が残っていた。
しかし陛下は、エリザベス女王の戴冠式に参列したほか、エリザベス女王と一緒に競馬を観戦したり、当時の反日感情の拡大を危惧し、戦後は共に君主を崇める国どうしとして友好を深める方向で考えたチャーチル首相が、皇太子を昼食会に招き、反日報道を繰り返す新聞社等に紹介した時も、そのチャーチルの好意に英語でスピーチされるなど、43日間の滞在で、戦後の日本とイギリスの友好関係を深めることに努められた。
当時のことについて、陛下は1993年に、「(イギリス訪問は)私に世界の中における、日本を考えさせる契機となりました」と振り返られていたという。(FNN)

以下は、保存しておいた「第一次大戦に出兵した父を持つ私の救われたお話。」として、特に若い世代においては、その頃の日本男児の精神構造の一面をよく知ってもらえるのではないかと思う。

ぜひ読んでみて欲しい・・・。

---------------------------------------------------------

今の天皇皇后両陛下が、以前にイギリスを訪問されたのは今から14年前の1998年5月。
イギリス政府と国民は歓迎の意を表し、天皇陛下はエリザベス女王と馬車に乗ってロンドン市民の歓迎に応えた。
しかし、このパレードには抗議の意味でわざと背を向けた人たちがいた。彼らは、第二次世界大戦中日本の捕虜になり、その時の扱いに抗議し、日本政府に賠償と天皇陛下に謝罪を要求したのだった。

この抗議行動に、イギリス政府は「遺恨が日英関係を支配してはならない」(ブレア首相)と呼び掛けるなど、両陛下及び日本政府に異例の配慮を見せた。(読売新聞)当時、日本の財界はイギリスに積極投資するなど、日英関係は経済面で新たな親密度を見せているときだった。
ブレア首相の発言は当然だったかもしれない。

しかし、イギリス国民の感情は二分された。
戦時中の捕虜に対する非人道的な扱いを非難し日本政府と天皇に謝罪を要求するものから、個人的に戦争に関わっていない現在の天皇に謝罪を要求することへの疑問、さらには、元捕虜に対する賠償問題は退役軍人にちゃんと年金を払わないイギリス自体の問題だなど、様々な意見が噴出し、両陛下のイギリス訪問が反日運動を起こすきっかけになるのではないかとの不安が巻き起こった。
そんな怪しい空気を一掃するような投稿がロンドンのタイムズ紙に掲載された。

その投稿は、元イギリス海軍士官からのものだった・・・。

戦後は、スウェーデン大使を務めサーの称号が与えられたサムエル・フォール卿(投稿当時86歳)だった。
フォール卿は、大戦中のスラバヤ沖海戦で、日本海軍に撃沈された巡洋艦から海に放り出され漂流中のところを日本海軍「雷(いかづち)」に救助されたのだった。
このときの体験をタイムズ紙に投稿し、敵兵救助を決断した日本の武士道を賛美し、その国の元首を温かく迎えようと国民に呼びかけたのだった。(産経新聞)

実は、この救助劇は歴史に隠れ続けた。誰も知らない。知る術がない。
手前味噌が当たり前の現在とは違い、実に奥ゆかしい、日本男児らしい世界に通じる美談なのだ。

日本海軍の駆逐艦「雷」が救助したイギリス海軍兵はフォール卿だけではない。
日本艦隊は英米欄の連合艦隊15艘と戦い11艘を撃沈した。
合戦後たまたまそこを通りかかった「雷」の見張りが望遠鏡で遠方に漂流物を確認。
その漂流物は敵将兵らしく、その数400以上との報告が艦長にされた。
艦長の工藤俊作は、次の瞬間「潜望鏡は見えないか」確認させると、見えないとの返答に救助を命令した。

この海域では敵の潜水艦7艘が撃沈されたばかり、前日には味方の輸送船が攻撃を受けて沈没した危険海域だった。そこを「雷」の乗員220名は、全員敵兵の救助活動を行い、乗組員のほぼ倍の422名を救助したのだった。(「敵兵を救助せよ!」恵隆之介著草思社刊)

これは、壮絶な救助行動だったようで、救助活動中は敵も味方もない懸命な活動だったという。救助のため命令に背き海中に飛び込んだ日本兵もいた。「雷」の甲板は救助されたイギリス兵で埋め尽くされ、撃沈された際に流れた重油が体中をまとわるのを日本兵は丁寧にアルコールでふき取り、シャツと半ズボンと運動靴が支給され、熱いミルクと、ビール、ビスケットの接待がなされたという。

その後、イギリス海軍の21人の士官が集められ、工藤艦長が端正な挙手の敬礼をした後流暢な英語でスピーチをし、「諸官は勇敢に戦われた。いまや諸官は日本海軍の名誉あるゲストである」と伝えた。

フォール卿はこれは夢ではないかと何度も手をつねったという。(同)

フォール卿は、この工藤艦長の功績をアメリカ海軍機関紙に寄稿した(1987年)。
またジャカルタで行なわれたジャワ沖海戦50周年記念式典(1992年)でも称え、自分史を刊行した際も「帝国海軍中佐工藤俊作に捧げる」と書いている(1996年)。
さらに、2年後の天皇皇后両陛下イギリス訪問時にもタイムズ紙に工藤氏の実名を上げて投稿し、ずっと工藤氏の消息を探し続けたがつかむことができなかった。
心臓病を患いながら、3年前に「人生の締めくくりに」と来日し工藤氏の墓参と家族への感謝の気持を伝えたかったようだが、分らず離日した。
その際、「敵兵を救助せよ!」著者の恵隆之介氏(元海上自衛隊)に墓と遺族を探してくれるように依頼したようだ。
恵氏はその約束を果たし丹念に工藤氏の足跡を辿った。

しかし、この救助劇は工藤氏の夫人にも話されていなかったことで、知る人はまわりにいなかった。
たどるうちに「雷」の乗組員のうち2名が存命であることが分り、このときの様子が再現されたのだ。

本書の構成は、劇的な救助の場面より、工藤艦長の生い立ちと、その時代背景、また郷里の様子が重なるように書かれ、日本が大戦に突入していく流れが海軍の視点から描かれている。

工藤氏が敗戦後は自衛隊関係の仕事に着くことなく、静に語らずこの事実を公にしなかったことも不思議だが、最大の不思議は、一生恩を感じて生きたフォール卿が何度も工藤艦長の功績を公にしながら、日本のマスコミが一度も取り上げなかったことだ。
特に両陛下が訪英されたときのタイムズ紙の投稿には当然気付いていたはずで、わざと取り上げなかったのではないかと思うほどだ。

読売新聞も朝日新聞も工藤艦長に関する記事は一行もない。
産経新聞だけが恵氏の取材結果を紹介する形でこの功績を戦後60周年の連載記事中で紹介している(2005年9月)。

恵氏の著書からは、日本海軍がいかにイギリス海軍と近い関係にあったかが分る。それが日英同盟の礎だったのだろうが、第一次大戦後アメリカの力がどんどん強くなるにつれて、アメリカが日本をアジアでの最大の脅威として、日英同盟を破棄させた経緯が書かれている。
この記述は、先に公表された富田メモで昭和天皇が日独伊の三国同盟を嫌う様子がうかがえたが、日英同盟を日本のリベラル派がいかに重視していたを著している。

工藤艦長の救助劇は、恐らく世界の歴史の中でもまれなことだ。
この事実を日本国民が知ったのなら、どれだけ励まされたか分らない。
戦後すぐでももちろんそうだろうが、10年後20年後30年後でも同様だ。それが60年を経過後も日本のマスコミと出版界に一切登場しなかったというのは、たまたまではないはずだ。
日米関係にとって面白くない話は極力避けられる風潮が今でも日本にあるという事を物語っている。


うんちくひけらかし | 10:06:59 | Trackback(0) | Comments(0)
信仰なくして道徳に根を張らすことは出来ない。
18日、中国広東省仏山市で2歳の幼い少女が、比較的人通りの多い商店街で、2度も無残にひき逃げされた。
瀕死の幼女を助けることも無く18人の通行人が倒れる幼女を脇目に通り過ぎる姿が近くの店の防犯カメラに映っていた。
昨晩のテレビで、このショッッキングな映像を流し、恐ろしいほどの中国人民のモラルの欠如を指摘していた。
今朝から、一日中、昨晩のこのニュースのおかげで胸糞が悪い・・・。
中国人民のモラルといった次元ではない。人間性の欠如、仏教的に表現すると、今や中国は、経済急成長の代償として、「餓鬼たちの住む世界」を作り出してしまった。

餓鬼道・・・。地獄道、餓鬼道、畜生、修羅道、人間道、天道(浄土ではない)等六道の内、下から2番目の世界ということか・・・。

中国の真っ当なメディアや「新唐人テレビ」も盛んにこの異様な光景を放送し、これではいけないと国民に訴えている。
http://www.ntdtv.jp/ntdtv_jp/society/2011-10-23/872858847545.html

中国政府の今までの政策に矛盾がある。
人権無視といった根本思想の上に急速に経済至上社会を作り上げた。捩れた自由という矛盾で塗り固めた中国社会の価値観がそういった「面倒なことには関わらない」といった生きる知恵を身につけさせたのであろう。
自分の権利を主張できない社会では、内から湧き出る社会的・人間的責任感も育たない。

文化革命では、先人たちが培った素晴らしい伝統文化や宗教・信仰心を捨てた。
その時点で、国民一人一人の権利の喪失に伴い、道徳観を育むことが出来なくなった。
統率できることといえば、武力と暴力といった政府に都合よく作った法律に名を借りた国家権力。
それと、今では「お金」といった経済活動に不慣れな人民にとっては、得たいの知れない大きな魔の力が襲いかかっているのかもしれない。
道徳観は、宗教なくしては育たない。

「信仰なくして道徳に根を張らすことは出来ない」(トクヴィル)

私がネットをはじめた14年前、送信するメールの文末には、私の住所氏名と共に、必ずこの格言を貼り付けたことを思い出す。
宗教観や人生哲学を持たない一部の若い世代には、深い道徳観念が育たないことを懸念していた。それを確信していたからだ。

中国政府は、この件で、信仰を人民に返そうと反省するのであろうか・・・。

もちろん、わが国も、そろそろせめて世界三大宗教(キリスト教、イスラム教、仏教)の共通した理念や根本思想を教育の場できちんと教え伝えるべきだと思う。

中国ほどにはないにせよ、弱肉強食が当たり前の世界が迫ってきている。

わが国を餓鬼道にしてはならない。



うんちくひけらかし | 17:45:36 | Trackback(0) | Comments(0)
NHK 日曜美術館「法隆寺金堂壁画 ガラス乾板から甦る美」
昨晩、田舎のお袋から、今、お前の興味のある番組を放映しているのでその番組を観るようにという電話があった。
お袋は、私がなんで絵を描くことにそんなに興味があるのか自分も感じる為に、50歳頃から油絵を習い始めた。
今83歳なのだが、数多くの作品を描き、各市の市展にも入賞している。
力作は、故郷の五個荘(東近江市)のいろいろな私設に寄付をしているようだ。
腕前というと、習ったおかげで、なかなか基本が出来ていて、私も描けないような作品を描いていることもある。
最近では、狭心症やら、手の痺れ等で、なかなか描けないらしいが、連絡をもらったその番組は欠かさず観ている様だ。

その連絡をもらった番組は、NHK 日曜美術館の「法隆寺金堂壁画 ガラス乾板から甦(よみがえ)る美」の再放送だった。
すでに8分ほど経過していたが、興味深い放送なので最後まで観た。

司会に千住明氏と森田美由紀氏。
ゲスト出演者は千 宗屋氏(武者小路千家15代家元後嗣)百橋 明穂氏(神戸大学大学院教授)

日曜美術館のサイトから引用すると、以下の内容だった。

「世界遺産法隆寺。
金堂外陣をとり巻く壁画は、昭和24年、火事でそのほとんどを焼失した。
現在金堂を飾る壁画は、昭和42年に当代一流の絵師たちが制作した再現模写。
その再現の元資料となったのが、昭和10年に原寸大で撮影されたガラス乾板だった。
法隆寺金堂壁画の全貌を記録しようという国家事業だったが、このガラス乾板が焼失前の壁画の細部を今に伝える唯一の資料となった。
昭和42年の再現模写以来法隆寺収蔵庫に厳重に保存されていたガラス乾板が、このたび出版事業を機に40年ぶりに封を解かれ、かつて撮影を担当した京都の印刷会社に持ち込まれた。
それを見た職人たちの魂が、かき立てられた。原寸大ガラス乾板は白黒だが、現代の技術をもってカラーで法隆寺金堂壁画が再現できないか。
昭和10年にこの会社独自の判断で撮影された四色分解の縮小版ガラス乾板が取り出され、挑戦が始まった。
5月末、白鳳仏教絵画の至宝とされ人気も高い6号壁観音菩薩の胸から上の部分が、カラー原寸大で甦った。
細部を凝視することで見えてくる1300年前の画工の腕前、シルクロードを貫く影響関係。
あらためて、法隆寺金堂壁画の魅力に迫る。」

と、いうことのようだった。

いつもながら、頭を傾げなければならないこういった番組中で、今回は番組を観ながら思わず「そんな、ばかなぁ!!」と叫んでしまったことがあったので、やはりこれは書いておかないといけないと思い、ブログに書き出した次第である。

復元された『観音菩薩』

それは、法隆寺壁画 6号壁 阿弥陀浄土図中の観音菩薩の図像が、見事に現代のカラー印刷技術で再現され、今までよく分からなかった細部が分かったということだった。
その切手にもなった有名な観音菩薩の耳飾(ほんとうは朱鬘のような首飾り)の実物再現である。
新しい発見として、美しい赤と緑の目玉ガラスで首飾りのように左右が繋がった『耳飾り』が再現された。代わる代わる手に取った出演者は、「意外と軽いですね・・・」
ビックリした・・・・。そんなはずはない。ガラス珠は大きいし重いに決まってる。

本当は目玉ガラスの朱鬘(髪を束ねる連珠)のような首飾りを首から下げ、それとは別に『左右と下方向に円い飾りのついた耳飾り』をしているのだ。
本家のインド・アジャンタの壁画や敦煌の壁画、それに法隆寺の他の菩薩像をみてもハッキリすることなのに、天下のNHKがまた調子に乗って、まったく新しい耳飾のデザインを「1300年前のデザイン発見」として発表してしまったのだ。

壁画を担当した絵師の塗り間違え、右耳飾りの左右と下の円のうち、下の円は、担当した絵師が首飾りの延長と勘違いして緑に塗ってしまったのだろう。

同じ法隆寺の12号壁の十一面観音像を見れば、それにすぐ気がつくはずなのだが・・・。

12号壁-十一面観音

アジャンター壁画が6世紀前後、敦煌壁画が7世紀前後、そして法隆寺壁画が7世紀末というから、アジャンターから約200年かかって法隆寺へ受け継がれた仏画といえる。
写し伝える絵師たちにも間違った解釈をする者がいたり、うっかり塗ってしまったが間違いに気がつかいない絵師も居たはずである。
新しい発見というならば、「この観音部分を担当した絵師がうっかりか、よく考えないで耳飾の下の円を首飾りの連続したガラス玉と同じように緑の顔料を塗ってしまった。」というのが本当だろう。


うんちくひけらかし | 14:08:17 | Trackback(0) | Comments(0)
シェーンハイマーの動的平衡論
シェーンハイマーの動的平衡論では、仏教でいう「無常」の思想が、生物学的に我々動物全てに当てはまることが実証されている。
最近、福岡伸一氏の書いた「生物と無生物のあいだ」を読む機会があった。
我々人間は食べ物を食ってエネルギーに変え、成長し行動すると安易に考え、教えられてきた。
しかし、1949年には、すでに以下に書く事が実証されているのだそうだ。

我々の肉体はもちろん、生命体は、分子レベルでは一瞬の淀みに過ぎない・・・。

1941年に自ら命を絶ったドイツのルドルフ・シェーンハイマーは、身体に取り込まれた食物が分解され、身体を構成している原子、分子と入れ替わることを明らかにした。
私たちは物を食べると、大半は体内で燃やされ、エネルギーとなったあとは排出されると思っている。

だが、実際は違うらしい。
シェーンハイマーが、体内に食べ物が取り込まれてからの道順と変化を食べ物を構成する分子に目印(窒素原子の安定同位体)をつけて追跡したところ、瞬時に分子レベルに解体されて体を構成する分子の中に高速度で入り込み、逆に体内の分子が高速度で分解されて外に出ていくことがわかったのである。
「代謝は回転している」と表現するが、つまり、昨日も今日も変わりないと思いこんでいる私たちの肉体は、分子レベルでは常に激しく入れ替わっているということだそうだ。

これが「動的平衡」である。

生命体を構成する原子や分子は絶えず入れ替わっている。
原子レベルで見たとき、ヒトの身体は数ヶ月前とは、まったく異なり新たな原子や分子で構成されている。
「食べる」ということは、「栄養を採る」のではなく、原子、分子を入れ替えることであり、瞬間で見ればヒトの身体はその時点での平衡状態にあるという。
平衡状態を保ちながら、原子、分子レベルで入れ替わり流れていく。
細胞分裂をしないとされる脳細胞ですら、この原子レベルでの入れ替わりが起きている。
そして、この入れ替えを止めるときが生命体としての死であるという。
動的システムとしての生命システムの秩序は「守られるために絶え間なく壊されなければならない」のだ。

これは、
「行く川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しく止とゞまる事なし」と、
仏教で言う無常を表現した鴨長明の『方丈記』の書き出しを想い出させる。




うんちくひけらかし | 16:48:34 | Trackback(0) | Comments(0)
祇園
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」と『平家物語』の冒頭にあるように、この祇園精舎は、北インドでお生まれになったお釈迦様が、クシナガルで覚りを開いた後、サルナート(鹿野苑)、マガタ(竹林精舎)、そして、コーサラ(祇園精舍)と、順に仏法を説いて旅を続けられ、その中でも、雨季のため、一番長く安居(滞在)し、衆生に説法された場所が祇園精舍なのである。

伝承によれば、コーサラ・舎衛城(しゃえじょう)の長者・スダッタ(給孤独・ぎっこどく)が、帰依(きえ)したお釈迦様に僧院を寄進しようと、その土地を捜した。
そしてジェータ(祇陀・ぎだ)太子の所有する土地が理想の場所であると定めた。ところが、太子はその土地を長者に譲ろうとしないばかりか、たとえ金貨を大地に敷しきつめてもここを譲らぬ、というのである。
それを聞いたコーサラの大金持ちの長者スダッタが、この土地に実際に金貨を敷き始めると、太子は、彼のお釈迦様に対する帰依の深さに感銘を受け、その土地の喜捨(きしゃ)を申し出たのである。そればかりか、僧院の建築に必要な材木(祇樹・ぎじゅ)をも寄進し、ここに、太子と長者が共同でお釈迦様に捧げた精舎(説法する場所=お寺)が、建立されたのである。
お釈迦様は、この祇園精舍で、二十五回もの説法を行ったといわれている。

阿弥陀経をはじめとする、多くの人々を救うための法が説かれたこの精舎は祇陀太子と給孤独長者の徳を偲び、二人の名前にちなんで「祇樹給孤独園精舎」(ぎじゅきっこどくおんしょうじゃ)縮めて祇園精舎(ちょっと無理があるような・・・)と、呼ばれたのである。
京都の八坂神社は、明治四年の神仏分離令までは、この祇園精舎の名を取って祇園感神院と呼ばれる比叡山延暦寺の別院であった。
それが八坂神社と改名されたが、その祭礼は祇園祭と呼ばれてその名を残し、その門前町が祇園として残ったのである。
今では、その祭りや街の名前だけが、京都を代表するものとして残っている。


うんちくひけらかし | 08:47:50 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ